有馬本温泉 銀の湯(有馬温泉) 兵庫県神戸市内にあるスーパー銭湯・日帰り温泉の店舗基本情報になります。

関西エリア(大阪・兵庫【神戸】・京都・奈良・滋賀・和歌山・三重)のスーパー銭湯・日帰り温泉の情報が満載

都道府県
エリア
キーワード
  1. ゆ〜ナビ関西 トップページ
  2. 兵庫県
  3. 神戸市内
  4. 有馬本温泉 銀の湯(有馬温泉)

有馬本温泉 銀の湯(有馬温泉)【ぎんのゆ(ありまおんせん)】

兵庫県神戸市内エリア

お風呂のイメージ写真
評価:
0.00
日本三大名湯(草津温泉、下呂温泉、有馬温泉)のひとつで日本国内でも有名で人気の高い有馬温泉。そんな有馬温泉には温泉街にしては珍しく日帰り温泉を楽しめる「外湯」というのが少ないんです。ですがまったくないというわけではありません。有馬温泉名物の泉質「金泉」と「銀泉」を日帰り入浴でも堪能できる「金の湯」と「銀の湯」と呼ばれる外湯があります。この二つの外湯は、有馬温泉で日帰り温泉を楽しむことができる数少ないお湯として近隣の方はもちろん、全国からも多くの方が訪れます。今回ここで紹介するのは「有馬本温泉 銀の湯」です。銀の湯は、有馬温泉の2大源泉のうちの「銀泉」を使った温泉です。銀泉の泉質は金泉の泉質とは全く異なっており、「炭酸泉」と「ラジウム泉」の2種類からなる特徴ある源泉です。天然の「炭酸泉」は入浴すると炭酸の気泡がお肌にまとわりつくのがわかります。さらに銀泉のお湯の特徴としては、保温効果が高いと評判で、また「美肌効果」にもよいと地元の方も多く利用されています。また銀の湯は、「蒸気式サウナ」がついているのも特徴。温度もお湯の特徴も金泉とはまったくことなるお湯なので、有馬温泉の外湯めぐりを日帰りで楽しまれる方は、「金泉」と「銀泉」はセットでお楽しみ下さいね。この二つのお湯「金の湯」と「銀の湯」は、両方のお湯を入浴するのに「お得なセット料金」プランがありますので、そちらを購入してください。また「金の湯」と「銀の湯」だけでは物足りないという方には、有馬温泉街の中にはもうひとつ大型の日帰り温泉施設「有馬温泉 太閤の湯」と呼ばれる施設があり、そちらでも「金泉」と「銀泉」の両方を堪能することができますので、「外湯めぐり」プランのひとつに入れてみてくださいね。
  • クチコミ&ランキング投稿

店舗データ

基本データ

店舗名 有馬本温泉 銀の湯(有馬温泉) 料金データ
■「有馬本温泉  銀の湯」入浴料
※2017年9月時点の料金です。
 
大人(中学生以上) 550円
小人(小学生)290円
幼児 無料
 
※表示料金は入浴料のみです。
※ここでの幼児は小学生未満を指します。
 
「金の湯」+「銀の湯」がセットになったお得な入浴券
 
850円
 
■「有馬本温泉  銀の湯」回数券
 
大人11枚綴り
 
大人(中学生以上) 5500円
小人(小学生)2900円
 
大人(平日専用回数券) 4500円
※土日祝祭日のご利用は「プラス100円」で入浴可能。
ふりがな ぎんのゆ(ありまおんせん)
所在地 神戸市北区有馬町1039-1
電話番号 078-904-0256
営業時間
9:00 ~ 21:00
(20:30 受付終了)
定休日 第1火曜日・第3火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)・元旦(1月1日)
公式HP http://arimaspa-kingin.jp/cont02/cont02-flm.htm
オープン日 -

お風呂データ


  • 源泉かけ流し

  • 炭酸泉

  • スチームサウナ

お湯データ

源泉名 銀泉 特徴

銀泉は、「天然炭酸泉」と「ラジウム泉」の2種類の源泉を利用しており、無色透明のお湯です。

泉質 炭酸泉、ラジウム泉(炭酸泉:単純二酸化炭素冷鉱泉/ラジウム泉:単純放射能温泉)
源泉温度 18.6℃、29.4℃ 効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、※高血圧症、※動脈硬化症、痛風、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、やけどなど

湧出量 不明

その他の入浴施設データ

岩盤浴 - ロウリュサービス -
フィッシュセラピー - 野外足湯 -
貸切風呂 -

備品データ

フェイスタオル - 館内着 -
バスタオル - 石けん -
歯磨きセット - シャンプー -
綿棒 - リンス -
ドライヤー リンスインシャンプー
クシ・ブラシ - ボディソープ

付加施設データ

エステ - 宿泊施設 -
アカスリ -
カットサロン -
キッズコーナー -
喫煙コーナー -
バリアフリー -

ページトップへ

レポート&フォトギャラリー

ページトップへ